• ホーム
  • 高齢者に多いてんかん発作とは

高齢者に多いてんかん発作とは

てんかんは脳の病気で発作を繰り返し性別、年齢、人種に関係なく起こるものです。
てんかん発作の症状はさまざまで同じ発作を繰り返し起こす事が特徴です。
症状は一定のリズムで手足をまげ伸ばししたり、手足がつっぱり体が硬くなったり、短時間意識がなくなるなどさまざまな症状が現れます。
てんかんの発病年齢は3歳以下が多く成人になると減ります。
60歳以上の高齢者では脳血管障害などが原因となりてんかんの発病が多くなります。
小児てんかんは成人前に治る事もありますが乳幼児期から老年期まで長い期間治療を継続する事が多い病気です。
高齢者に多いてんかんは原因がわかっている症候性てんかんが多く半分以上を占めています。
高齢者の発作はけいれんの症状がでないのが特徴であり見逃される事も多いです。
診断は脳波、画像診断、問診などの検査により行われます。
高齢で発病すると失神や一過性脳虚血発作などと症状が似ている事から診断がむずかしくなります。
発病の原因になる他の病気がある事が多く脳血管障害や脳腫瘍など大脳の障害を伴う事が多いです。
認知症やうつ病とも症状が似ているので勘違いされる事もある病気です。
発作時に突然怒りだしたりぼんやりする事など認知症の症状とも似ているので診断をするために脳波の検査を行います。
治療法としては抗てんかん薬を使い治療します。
高齢になり発症した場合は治療効果が高く少量でも効果があります。
高齢者は副作用を起こす事も多いので少量の薬から飲み始め少しずつ量を増やしていくことが大切です。
発作の種類だけでなく合併している病気の治療薬とも兼ね合いも考え副作用の少ない薬を選ぶことが大事です。
腎機能障害や肝機能障害を合併している場合は薬の効果が強く出る事もあるので注意が必要です。

関連記事
症候性てんかんに効果のあるラミクタールの副作用 2020年01月28日

小児期に多く見られる症状に症候性てんかんがあります。その症状はほとんどが発作的におこり体や意識に異常が現れますが、発作は人によっても違いがあり、一瞬で終わるものから回復までに時間を要するものまで様々な症状があります。例えば、意識がなくなった後に全身硬直の状態となりけいれんをおこしたり、また、意識はあ...

カルバトールでの意識障害病気について 2019年11月20日

意識障害病気は、周囲の刺激に対して適切に反応出来なくなっている状態のことを言います。また。物事を正しく理解することができなかったりすることもあります。一般的な意識障害は催眠、昏睡、失神、てんかん等です。日本学会でも、てんかん患者は比較的多い症状だと言われています。カルバトールという薬があります。これ...

てんかんの発作を抑えるカルバトール 2019年10月23日

カルバトールは、てんかんや双極性障害などの病気の治療薬として知られるテグレトールのジェネリック医薬品です。日本では厚生労働省の認可が下りておらず、現在はインドのトレントファーマ社が販売しています。先発薬のテグレトールと比べて安くで手に入りますが、処方してもらう場所が少ないです。カルバトールは脳神経を...

日本の病院では処方されないカルバトールの入手方法 2019年09月28日

カルバトールは有効成分としてカルバマゼピンと呼ばれる物質が含まれている抗てんかん薬で、カルバマゼピン含有薬の中では後発医薬品に分類されています。このカルバトールはインドの製薬会社が発売しているもので、様々な国で製造販売承認を取得の上で販売されています。しかし、日本の厚生労働省は、カルバトールの製造販...

部分発作のてんかんに有効なカルバトール 2019年09月24日

てんかんは脳の神経が過剰な電気的興奮状態になる事によって発症する病気です。大きく分けると脳の一部のみが興奮状態となる部分発作と、脳の大部分あるいは全般が興奮状態となる全般発作に分ける事が出来ます。さらに細かく分類すると、意識障害の有無や発作症状などによっても分ける事が出来ます。てんかんの有病率は0....