• ホーム
  • カルバトールのてんかん治療効果

カルバトールのてんかん治療効果

カプセルを持っている男性

私たちの細胞は通常はマイナスの電荷を帯びています。
この時、刺激を与えると細胞内がプラスの電荷を帯びます。
これは刺激伝達物質のNa+やCa+の働きによるものです。
Na+が細胞内へ流入すると細胞内は徐々にプラスへと近づき、ある一定の時点でプラスの電荷で満たされます。
この現象を脱分極と呼びますが、これが合図となって神経細胞の興奮が伝わり、様々な意思的行動が可能となります。
この神経伝達回路に予期しない突発的な刺激が加わりますと、異常放電が起こり制御不能の状態に陥ります。
この刺激を受けた身体の全部や一部は痙攣発作や意識消失、或は強直を引き起こします。
この状態を癲癇と呼んでいます。
癲癇を抑えるには、興奮性のシグナル、つまりNaチャンネルを阻害すれば良い事になります。
カルバトールは、癲癇そのものを治療する薬剤ではありませんが、細胞内のNa受容体に作用してNa+を遮断する働きを持つ、Naチャンネル阻害剤に位置づけされる薬剤です。
日本では1966年から先発薬が保険適用となり使用されていますが、カルバトールは近年ジェネリック医薬品として注目され、個人輸入医薬品として使用されるようになりました。
主成分は先発医薬品同様、カルママゼピンであり、効果の程は全く同じです。
精神運動発作・癲癇性格及び癲癇に伴う精神障害・癲癇による痙攣発作の他、躁病・統合失調症における興奮状態・三叉神経痛に効果があります。
カルバトールは抗癲癇薬の中でも、部分発作及び興奮状態抑制に強い感受性を持ち、具体的には側頭葉癲癇における特効薬としての位置づけに特徴を持っています。
但しカルバトールには即効性はなく、長期間の服用が必要となります。
又、専門の医師と相談の上、正しい用量と用法守る事が必要です。

関連記事
カルバトールでの意識障害病気について 2019年11月20日

意識障害病気は、周囲の刺激に対して適切に反応出来なくなっている状態のことを言います。また。物事を正しく理解することができなかったりすることもあります。一般的な意識障害は催眠、昏睡、失神、てんかん等です。日本学会でも、てんかん患者は比較的多い症状だと言われています。カルバトールという薬があります。これ...

てんかんの発作を抑えるカルバトール 2019年10月23日

カルバトールは、てんかんや双極性障害などの病気の治療薬として知られるテグレトールのジェネリック医薬品です。日本では厚生労働省の認可が下りておらず、現在はインドのトレントファーマ社が販売しています。先発薬のテグレトールと比べて安くで手に入りますが、処方してもらう場所が少ないです。カルバトールは脳神経を...

日本の病院では処方されないカルバトールの入手方法 2019年09月28日

カルバトールは有効成分としてカルバマゼピンと呼ばれる物質が含まれている抗てんかん薬で、カルバマゼピン含有薬の中では後発医薬品に分類されています。このカルバトールはインドの製薬会社が発売しているもので、様々な国で製造販売承認を取得の上で販売されています。しかし、日本の厚生労働省は、カルバトールの製造販...

部分発作のてんかんに有効なカルバトール 2019年09月24日

てんかんは脳の神経が過剰な電気的興奮状態になる事によって発症する病気です。大きく分けると脳の一部のみが興奮状態となる部分発作と、脳の大部分あるいは全般が興奮状態となる全般発作に分ける事が出来ます。さらに細かく分類すると、意識障害の有無や発作症状などによっても分ける事が出来ます。てんかんの有病率は0....

カルバトールの副作用に注意が必要 2019年09月22日

カルバトールはてんかん発作を抑えるための薬として使用される薬になっており、かつて主流となっていたテグレトールの後発医薬品でもあります。後発医薬品であるということから比較的安価に用いることができるというメリットはありますが、カルバトールはあくまでも医薬品であるわけですから副作用についても注意をしなくて...