• ホーム
  • てんかんの発作を抑えるカルバトール

てんかんの発作を抑えるカルバトール

カルバトールは、てんかんや双極性障害などの病気の治療薬として知られるテグレトールのジェネリック医薬品です。
日本では厚生労働省の認可が下りておらず、現在はインドのトレントファーマ社が販売しています。
先発薬のテグレトールと比べて安くで手に入りますが、処方してもらう場所が少ないです。
カルバトールは脳神経を抑制して気分の興奮状態を抑えることで、てんかんの発作を鎮めます。
成人で1日200mg~400mgを1回~2回に分けて服用します。
状態を見ながら徐々に服用する量を増やすことができますが、医師の判断に従うことが大切です。
一度に決められた量を超えて服用すると、非常に危険で誤って大量に服用した場合は、医師の診断を仰ぎます。
カルバトールをアルコールやグレープフルーツジュースと一緒に服用すると、発作を抑える効果が薄くなります。
また西洋オトギリソウを含んだ食品も避けます。
カルバトールがてんかんの発作を抑えることができるのは、カルバマゼピンを配合しているためです。
カルバマゼピンが中枢神経に作用します。
しかし服用することで、眠気や注意力の低下が起こるので、服用後に車の運転は控えます。
また副作用にはかゆみなどの軽度もものから、呼吸困難や貧血、ポルフィリン症なども現れる可能性があります。
また必要以上に神経の興奮を抑えると、うつ病に似た症状が現れて、食欲不振や吐き気、頭痛などの副作用が起こります。
カルバトールは、一度使用を始めると継続することが多いですが、服用のリズムを守る必要があります。
急に使用を止めることは厳禁です。
通常は処方箋が必要な薬ですが、カルバトールは一度に60錠までなら、輸入代行に依頼して処方箋無しでも入手可能です。

関連記事
てんかんなどの痙攣の治療にはカルバトール 2020年03月07日

カルバトールCR300mgとは、主にてんかんなどのけいれん発作に対して使われる治療薬です。カルバマゼピンが主成分であり、この成分が脳神経の過分反応などによって引き起こされる興奮状態を鎮めてくれる効果を持っています。そのため、けいれん発作などのてんかんの発作を予防することができるので、てんかんの治療薬...

症候性てんかんに効果のあるラミクタールの副作用 2020年01月28日

小児期に多く見られる症状に症候性てんかんがあります。その症状はほとんどが発作的におこり体や意識に異常が現れますが、発作は人によっても違いがあり、一瞬で終わるものから回復までに時間を要するものまで様々な症状があります。例えば、意識がなくなった後に全身硬直の状態となりけいれんをおこしたり、また、意識はあ...

高齢者に多いてんかん発作とは 2019年12月20日

てんかんは脳の病気で発作を繰り返し性別、年齢、人種に関係なく起こるものです。てんかん発作の症状はさまざまで同じ発作を繰り返し起こす事が特徴です。症状は一定のリズムで手足をまげ伸ばししたり、手足がつっぱり体が硬くなったり、短時間意識がなくなるなどさまざまな症状が現れます。てんかんの発病年齢は3歳以下が...

カルバトールでの意識障害病気について 2019年11月20日

意識障害病気は、周囲の刺激に対して適切に反応出来なくなっている状態のことを言います。また。物事を正しく理解することができなかったりすることもあります。一般的な意識障害は催眠、昏睡、失神、てんかん等です。日本学会でも、てんかん患者は比較的多い症状だと言われています。カルバトールという薬があります。これ...

日本の病院では処方されないカルバトールの入手方法 2019年09月28日

カルバトールは有効成分としてカルバマゼピンと呼ばれる物質が含まれている抗てんかん薬で、カルバマゼピン含有薬の中では後発医薬品に分類されています。このカルバトールはインドの製薬会社が発売しているもので、様々な国で製造販売承認を取得の上で販売されています。しかし、日本の厚生労働省は、カルバトールの製造販...